うつ病の改善には抗うつ剤が必要|効果を確認しておこう

正しい薬の使い方

医薬品

徐々に増量し減量する

軽度のうつ病であれば、精神科や心療内科でも抗うつ剤を処方しないことがあります。どんなに良く効く薬でも、ある程度のリスクは付き物ですから、もし薬に頼らず治療できれば、それに越したことはないでしょう。しかしうつ病で辛い状態が続くと、一刻も早く治したいのが人情で、とにかく強い薬を欲しがる人が少なくありません。また最近では抗うつ剤を個人輸入で購入できるウェブサイトがあって、安易に薬に頼ろうとする人も多くなっています。そのため抗うつ剤の濫用が問題になり、輸入を禁止されてしまった薬もあります。単に強い薬を使えば、早く治るというわけではありません。うつ病を効果的に治療するには、抗うつ剤の基本的な特徴を覚えておくことが大切です。抗うつ剤は脳内ホルモンの量に影響を及ぼし、抑うつ気分を改善する作用を持ちますが、必ずしも即効性はありません。個人差はあるものの、早い薬でも効き始めるまでに1週間、通常は2週間〜1か月ほどかかります。新しい世代の抗うつ剤は、副作用が少ないかわりに、比較的ゆっくりと効くのが特徴です。そのため「薬を飲んでいるのに全然治らない」「あそこの病院はダメだ」と決めつけてしまいがちです。しかし症状が改善するまでには時間がかかるため、しばらくは様子を見守る必要があります。抗うつ剤は1種類だけを使用するのが治療の基本になっています。いろいろな種類の薬を混ぜて服用すると、効果が不安定になりますし、どの薬が体に合っているのか判定できません。1種類の薬をある程度服用してみて、どうしても効果が出ないようなら、別の薬に切り替えるという治療法が一般的です。また原則として最初は少量を服用し、効果が十分でないなら少しずつ増やしていくという方法を採ります。最初から大量に服用すると、体が慣れていないので過剰に反応してしまうことがあります。うつ病は再発しやすい病気なので、症状が改善してもすぐに抗うつ剤の服用をやめるのは好ましくありません。一般には4〜5か月ぐらい続けるのが良いと言われています。急に薬をやめると脳内ホルモンのバランスが崩れ、不安や怒りといった離脱症状が現れることがあります。再発は3〜4週間ぐらい後に起こりますが、離脱症状は数時間〜1日ぐらいで発生するので区別できます。薬をやめるときも、少しずつ量を減らしていくのが体への負担を軽くする方法です。このように抗うつ剤の使用には専門的な知識が必要なので、素人判断は避けて医師の指示に従うことをお勧めします。

Go to Top