うつ病の改善には抗うつ剤が必要|効果を確認しておこう

うつの治療は専門家に依頼

薬を飲む人

薬の種類と治療に注意

近年うつの患者数が増え続けています。一度発症すると長引くため治療が困難になり,十分な休養が重要になります。しかしそれだけではうつは改善されないため心療内科による精神療法も行います。その時に抗うつ剤と言われる薬を服用してもらい、精神療法の効果を上げることが一般的な治療になります。抗うつ剤にはいくつもの種類がありますが代表的なものでSSRIと言われるものがあります。これは選択的セロトニン再取り込み阻害薬と言われますがセロトニンという成分を増やすことでうつの発症を阻害する抗うつ剤です。日本国内ではバランスが取れて安全性が高い種類と言われています。そしてSNRIと言われるセロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬というものもあります。これはSSRIのようにセロトニンを増やすところまでは同じですが、さらにノルアドレナリンという成分を増やす成分が入っています。ノルアドレナリンが抗うつ剤に入っていると集中力や意欲や注意力の低下によるうつ病の発症を阻害します。ノルアドレナリンという成分が体から減少していくことで発症するため、投薬により改善していく薬になります。あとはノルアドレナリン作動性特異的セロトニン作動性抗うつ薬と言われる種類もあります。これはセロトニンとノルアドレナリンを増やすものですが、自律神経の乱れに出てくる痒みを抑えることにも有効です。そのため痒みを伴ううつ病の患者にこの種類の抗うつ薬が使われています。そしてあとは三環系抗うつ剤と言われるものもあります。これはモノアミンと言われる成分を増やすものです。モノアミンとはアドレナリンとドーパミンとセロトニンとノルアドレナリンの総称です。これを取ることで不安感や強迫観念など解決することに役立ちます。アドレナリンとドーパミンも一緒に取るため効果が高いですが、その反面副作用が強力です。そのためよほど重い症状でない限りは摂取しないほうがいいです。あとは四環系抗うつ剤という種類もあります。三環系より副作用がないため体には負担が少ないですが、効果の出方は他の種類に比べると低いです。更に副作用として眠気が出てくることがあります。そのため仕事中や運転している時には注意が必要です。その他に体重の増加や便秘や動機などの副作用も報告されています。抗うつ剤は上に書いたように幾つもの種類があります。種類によって効果や副作用が違ってきます。自分の症状に合ったものを医師に診断と処方をしてもらうことが大事になります。

Go to Top