うつ病の改善には抗うつ剤が必要|効果を確認しておこう

薬効を発揮させるために

男性

薬を飲む時の注意事項

従来より優れた効き目を持ち、副作用も抑えられているなど、抗うつ剤にも新薬が登場しており、選べる薬も増えてきました。その抗うつ剤の薬効を存分に発揮させるためにも、病院で出された薬を飲む時は、何点かの注意ポイントがあります。薬も飲み慣れますと、水なしでも飲めるかもしれませんが、十分な量の水やぬるま湯で飲むのが大切です。水なしで服用すれば稀に喉に引っ掛かる場合や、粘膜を傷つけて炎症を起こす場合もありますから気をつけましょう。また、精神科や心療内科で指示された通りに飲むことも欠かせない留意点ですから、効き目を早く実感したいからといって、自己判断で服用量を増やすのはお控えください。抗うつ剤は神経伝達物質の分泌を促すなど、その働きの都合上、薬効を実感するまでに日にちが掛かるのが基本です。さらに効果も人により差がありますので、効き目の有無に関わらず、辛抱強く飲み続けるようにしましょう。処方された抗うつ剤や、相性などによりましては、飲み始めた頃に副作用を感じるケースもあるのですが、服用を続けることで治まっていく場合が多くなっています。そのため、副作用が軽度であれば服用を続行した方が良いともされていますので、病院でお薬をもらう際は、予め医師へその点の指示を仰いでおくと良いでしょう。ただし、強い副作用が出た場合は抗うつ剤を交替させた方が無難なため、服用を中止して、早めに医師へ相談してください。抗うつ剤は飲み始めて概ね2週間ほどすれば効果も見られるようになりますが、うつ病が楽になりましても、飲む量を間引いたりせず、指定量を飲み続けましょう。症状が軽減されてもうつ病が完全に治った訳ではないので、軽いストレスでも再び症状が出やすい状態になっています。従いまして、比較的気分が良い日でありましても、服薬を中断しないよう気をつけなければなりません。自己判断で薬を中止してはいけない理由はほかにもあり、例えばSSRIと呼ばれる抗うつ剤は、急激に断つことで全身の震えや、イライラを覚える場合があるのです。効果と副作用のバランスに優れることから、SSRIは第一選択薬になることも多いのですが、服用を止める時も医師の管理下で安全に行う必要があります。一方、医薬品には飲み合わせという現象があるため、ほかの治療で何か薬を飲んでいる時は、必ず精神科医や心療内科医へお伝えください。薬同士が競合する場合はお互いに効果を打ち消し合ったり、逆に効果が強く出過ぎて弊害をもたらしたりするケースも珍しくありません。

Go to Top