うつ病の改善には抗うつ剤が必要|効果を確認しておこう

薬を飲む人

うつの治療は専門家に依頼

抗うつ剤は薬の種類によって体への効き方が違ってきます。更に抗うつ剤の種類を間違ってしまうと効果が出ないだけでなく副作用に悩まされます。そのため医師に診断していただき自分にあった薬を飲むことが大事になります。

Read More

男性

薬効を発揮させるために

病院でもらった抗うつ剤を飲む時は十分な量の水などで飲み、強い副作用が出た場合を除き、自己判断で服用量を増減したり中断しないように気をつけましょう。そして薬同士の競合を防ぐため、既に何か薬を飲んでいる場合は、必ずその旨を医師へお伝えください。

Read More

精神科に行く前に

婦人

罪悪感は持たないで

周囲に勧められたにしろ、自分で決断したにしろ、精神科に行くと決意したことはとても良いことです。自分で自分を何とかしようとする姿が垣間見えます。そこで、その自分の決意に対し、自信を持ち、決して罪悪感は持たないようにしましょう。それを持つことにより、せっかく始めた治療に悪影響を及ぼすことがあります。その典型は自己判断で抗うつ剤の投薬や治療をやめてしまうことです。精神科の先生は、正しい知識をもって、正しい治療と投薬を行います。しかし、患者が精神科での投薬や治療に罪悪感を持っていますと、抗うつ剤が効いてきて安定してきたので、あとは薬の量を減らしていこうとか、逆に、一向に治療の効果が出ないので、自分には治療が効かないと判断して、通院を中断したりすることがあります。これらの判断は、医者が決めるたのなら良いのですが、自分の勝手な判断で抗うつ剤や通院を中断してしまうと、正しい治療を受けることができません。そして、そういった罪悪感を持たないようにするため、精神科や抗うつ剤に対する正しい知識を持ちましょう。まず、精神科の治療効果は、すぐに出るわけではありません。抗うつ剤を含めた精神科の治療というのは、一般的に長い時間をかけて、徐々に治療の効果が現れてきますので、風邪薬や頭痛薬のように即効性があるわけではありません。少し通院しただけで、治療効果がないと自己判断して、治療を中断するのは危険です。また、副作用もあります。抗うつ剤には、もちろん個人差はありますが、吐き気、眠気、口の渇き、便秘、性機能障害など様々な副作用が出るものもあります。しかし、そこで不安になり、自己判断で投薬や治療を中断してはいけません。例えば、がんの治療に抗がん剤を投与しますが、髪の毛が抜けたり、吐き気や手足のしびれが起こったり、やはり様々な副作用が現れます。しかし、それで勝手に治療を中断する方はあまりいません。なぜなら、抗がん剤には、そういった副作用が起こりうることが、比較的一般に知られているからです。そういった副作用があることを、あらかじめ知っていれば、不安に駆られたり、治療や投薬を続けるかどうか迷ったりすることが少なくなり、もし万が一迷っても、まず、先生に相談するようになります。精神科に通院したり、投薬治療を受けたりすることは、決して悪いことではありません。自分の判断を信じて罪悪感を持たないようにし、精神科の先生を信じて治療や精神科のお薬に対する正しい知識を持ち、根気よく、通院を続けてください。

カウンセリング

治療内容を調べる

うつ病の治療を行なう場合は、抗うつ剤を用いて治療をすることが多く精神科でも心療内科でも処方を行なっています。心療内科では、抗うつ剤の他に漢方薬によって治療を行なうところもあり、どのような薬を使っているかを調べて病院を選ぶ方も増えています。

Read More

医薬品

正しい薬の使い方

抗うつ剤には即効性がないので、効かないように見えてもしばらくは続ける必要があります。基本的には1種類の薬だけを用いて、飲みはじめは少しずつ服用量を増やしていき、やめるときも少しずつ減らしていくことが大切です。

Read More

Go to Top